教室のご紹介「体育」
  • ちびっこランド甲子園 体育教室
  • ちびっこランド甲子園 英語教室
  • ちびっこランド甲子園 キッズアート教室

ライフスポーツクラブの体育教室

☆ライフスポーツクラブ☆

幼児~小学生、中学生、高校生、各年代の成長は一様ではないため、 各年代に応じた指導法が必要になります。 このことを考慮しない運動は効果も少ないばかりではなく、 怪我やスポーツ傷害の危険性も高くなります。

ライフスポーツクラブが指導対象としている低年齢の子どもたちは、神経系の発達が著しい時期です。 この年代の子どもたちは様々なことに興味があり、運動も大好きです。 独自の幼児体育カリキュラムと年齢に合わせた適切な指導で、運動に対する興味をより引き出せるように明るく楽しく指導します。
ライフスポーツクラブでは、神経系の発達に目を向け、「基本的な運動動作の習得」を 目標に指導します。 多種多様な運動や競技を体験させ、「動きのもとをつくる」ことを大切にします。

授業時間  10:00~11:00(60分レッスン)

 

●料金…月保育の方は無料
    一時保育の方は一時保育料金

 

●曜日…毎週月曜日

 

  • 月保育のお子様は月保育の料金に含まれています。
  • 9:30までに登園してください。
  • 参加ご希望の方は、一時保育の予約をしてください。
  • 一時保育のお子様は一時保育料金のみで参加することができます。
ライフスポーツクラブ(写真1)

☆『ライフスポーツクラブ課外教室』☆

●時間…幼児クラス(3~5歳)   15:40~16:30
    

 

●料金…入会金 ¥3,000
    年会費 ¥3,000
    ※保険料も含まれています
    Tシャツ代  ¥1,000
    授業料 ¥4,000
    ※初回のみ合計 ¥11,000

 

●曜日…毎週月曜日

 

●定員…8~10人(少人数制)

 

☆随時無料体験レッスン受付中です☆

ライフスポーツクラブ課外教室(写真1)

☆運動神経を高めます(コーディネーショントレーニングの実施)☆

コーディネーショントレーニングの実施(写真1) 子どもの運動能力を向上させるためには、 幼いころから特定の運動に限定してはいけません。
運動を限定してしまうと、運動を行うための指令を 出す”脳”の神経回路が限定されてしまうからです。 神経系が発達する時期の子どもは、多くの運動(種目)を経験して神経回路を増やすことが大切です。 ライフスポーツクラブでは、からだ遊び、マット、跳び箱、鉄棒、平均台、なわとび、ボール運動と幅広く指導します。 上記のような運動を幅広く行うことにより、脳と体を活発化、発達させ、小学校での体育や専門の部活動に進んだ時に対応できる能力を身につけることができます。

☆コーディネーショントレーニングとは?☆

・筋力、持久力といった一般的に知られているエネルギー系のトレーニングではなく、神経系に視点をおいたトレーニングです。
最大の力(強く・速く)ではなく、最適な力(器用に・正確に)を身につけることに狙いをおいています。体の様々な器官をうまく働かせ、思ったように体やボールをコントロールする能力を【コーディネーション能力】といい、これを高める目的で行う運動を【コーディネーショントレーニング】といいます。

神経系の発達は生まれてから5歳頃までに80%の成長を遂げ12歳でほぼ100%になります。 この時期に、エネルギー系のトレーニングや同じ運動ばかり行うのではなく、多種多様な運動やコーディネーショントレーニングで脳と体に刺激を与え、神経回路を張り巡らせることがとても大切です。
コーディネーショントレーニングとは(写真2)
ゴールデンエイジという言葉をご存知でしょうか? 動きのもとをつくる体づくり、スポーツの基礎づくりが多面的であればあるほど、後に専門的な競技、スポーツを行った時に吸収、習得することが早いのです。
また、コーディネーショントレーニングの原点は体動かすこと、運動を楽しむことです。
神経系の発達が著しい子どもたちには、時期、内容ともにとても効果的で重要なトレーニングなのです。

☆レッスンのポイント☆

1. 安全に指導します

危険を予知し、子ども達の目線に立ち、年齢や発達に合わせた指導を行います。

2. 運動神経がよくなります

走力、筋力、持久力といった単純な運動能力だけではなく、スムーズに器用に体を動かす巧みさを
高めます。(コーディネーショントレーニングの導入)

3. 様々な運動を幅広く行います

器具運動(マット、跳び箱、鉄棒、平均台)
跳躍運動(長縄、短縄)
ボール運動(小ボール、大ボール)
サーキットトレーニング等、
他にも様々な運動を独自の幼児体育カリキュラムに基づき楽しく行います。

4. 危険回避能力を高めます

運動能力・体力を向上させることにより危険回避能力を高め、ぶつかる、転ぶ等の怪我が減ります。

5. 心と体の成長をお手伝いします

運動中の成功体験から”褒める” “認める” を大切にし、子どもたちの自信に繋がる指導を行います。
運動を与えるだけではなくコミュニケーションをとりながら、子ども達が笑顔で元気良く運動が
楽しいと思っていただけるように指導を行います。

☆講師 『田中 隆博』☆

講師 『田中 隆博』(イラスト) 幼児体育指導者として10年間、たくさんの幼稚園
や教室で体育の先生として仕事をしてきました。
お子様の心と体の成長のお手伝いができればとい
う想いで明るく楽しく元気よく指導します。